スマホ無料エロイプ男性とは別れる事にしたのだと話していました

D(ホステスとして働く)「高級なバッグとか買ってって伝えたら案外プレゼントしてくれますよね。わたしは、数人に同じやつ贈ってもらって1個を除いて残りは売り払う」
筆者「そうなんですか?プレゼントなのに買取にだすんですか?」
D(ナイトワーカー)「そんな騒ぐことかな?誰も取っておきませんよね?床置きしても宝の持ち腐れだし、流行が廃れないうちに物を入れるためのバッグは使うものなので」
E(十代、学生)信じられないかもしれないですが、わたしもなんですけどトレードしますね」
C(銀座サロン受付)「エロイプアプリを通して何万円もお金を巻き上げられているんですね…私はこれまでプレゼントなんてもらいませんでした」
筆者「Cさんの使い方は違うみたいですね。エロイプアプリを使ってきたなかでどのような異性が交流しましたか?
C「高級ディナーに連れて行ってもらった相手には巡り合ってないです。大体はルックスもファッションもイマイチで、本当の「出会い系」でした。わたしの話なんですが、エロイプサイトをまじめな出会いを求めているので、やり取りをしていたのにホテルの話をされて悲しくなりました。
筆者「出会い系サイトを使って、どういう相手を探しているんですか?
C「何言ってるんだってなんですけど、お医者さんとか弁護士の方とか国立大学にいるような将来性のある男性が目当てなんです。
E(国立に籍を置く)わたしはですね、国立って今通ってますけど、エロイプアプリにもまれに優秀な人がいないわけではないです。問題は、恋愛とは縁がない。」
出会い系サイトの調査を通してわかったのは、オタクに対して嫌悪感を感じる女性はどうも少なくないようです。
サブカルチャーにアピールしているかに見える日本であっても、今でも身近な存在としてのとらえることは言えるでしょう。
驚くことに前掲載した記事で、「エロイプ掲示板でやり取りしていた相手と、一応会ってみたら犯罪者だと分かった」となってしまう体験をした女性がいましたが、女性がその後どうしたかと言えば、その男性と終わるどころか付き合う事になったのです。
その時の状況が、「普通の人とは雰囲気が違い、断る事も恐ろしくなりその時は一緒にいくしかなかった」と思ったそうですが、より詳細に話を聞いていたら、惹かれる所もあったから断らなくても良いと思ったようです。
前科にも色々なものがありますが、小型のナイフではなく大きめのナイフで傷つけたのは実の親だったのですから、危険だと感じてもおかしくないと普通は考えるのではないかと思いますが、おしゃべりをした感じはそうではなく、結構親切にしてくれるところも多く、注意するほどではないと思って、恋人関係に発展していったのです。
その彼女と男性の関係については、どうしても男性の行動がおかしい時があったので、何も言わないまま家を出て、男性とは別れる事にしたのだと話していました。
一緒の部屋にいるだけなのに常にナーバスになっていたので、同棲生活を送っていましたが、追ってこられても困るので隠れるように雲隠れをしたということなのですが、どうやら恐怖を感じるようになっただけでは済まなかったようで、少しでも納得できない事があると、力に頼ろうとしたりエロイプちゃんねる凄い暴行をするような動作で威嚇する事があるから、催促されるとすぐにお金もだし、色々な頼みを断らずにして、その男性との生活は続いていたのです。

関連記事