夫婦仲占い悪いときにそれを打ち負かしたというだけのときが珍しくありません

四柱推命の行運の中で毎年変わる流年運も大きな意味を持つ運気です。私たちには「悪運を祓う」力もありますが、そのパワーも運命は知っているのです。
波に乗って力を得たことで2016 下半期 恋愛運 無料悪いときにそれを打ち負かしたというだけのときが珍しくありません。
どうあがいても不可避の悪い状況は運命に入っています。
さらにその悪い出来事がなければ幸福も巡ってこないという、二つで一つのものなのです。大切な人物との別れを味わうような悲しい年になります。
意中の人がいれば別れてしまう、片想い中だったなら付き合いそうだったのにあと一歩のところで失敗する、婚約が破棄されるといったことがあります。だからこそ、失恋を経験しても、運勢によるものです。
相手とのやり直そうと考えるより、新しい相手に切り替えをした方がいい出会いに巡りあうと期待する方がいいのです。
ただ年が明けないうちに新しい恋を見つけたとしても、あなたの願いどおりスムーズにいくようにするには大変な労力がかかります。
寂しさや悲しみは自分の中に受け入れなければいけない時期です。この時期を乗り越えてこそ、新たな相手に巡りあえるのです。
ただこの年のうちでも、月干星が「偏官」「正官」「偏印」「印綬」の位置にあるときには、比較的波風なく日々を過ごせます。
もちろんですが、大運との関わりも見過ごせず、吉凶は変化しますので
四柱推命が興味深いのは、判断しかねる部分もあるところですが、よりどころとなる占い師を探して大まかな星の動きから細かい運勢まで飲み込んでいてもらえます。

関連記事