アーティストを名乗るCさんに関心が集まったのです料理サイトが出会い系

質問者「もしかすると、芸能人の世界で売れたいと思っている人って、サクラでの収入に頼っている人が多数いるのでしょうか?」
E(とある芸能人)「そうだと思いますね。サクラのお金稼ぎって、シフト比較的自由だし、俺たちみたいな、急に必要とされるようなタイプの人には適職と言えるんですよ。読めない空き時間にできるし、ちょっと変わった経験の一つになるし…」
C(現アーティスト)「良い経験にはなるよね、女性を演じるのは苦労もするけど自分は男目線だから、自分がうれしい言葉を相手に投げかけてやればいい訳だし、男側の気持ちはお見通しだから、男も容易にのせられてしまうんですよね」
A(メンキャバ勤め)「意外な話、女性がサクラをやっていても男性客の心がわかってないからぶっちゃけ下手くそっすよね」
筆者「女性のサクラよりも、男性のサクラがよりよい成績を納めるのですか?」
D(芸能に事務所所属の一人)「そうです。優秀な成績を残しているのは大体男性です。かといって、僕は女のキャラクターを演じるのが下手っぴなんで、いっつも叱られてます…」
E(ある芸人)「最初から、正直じゃない者が成功するワールドですからね…。女性になりきるのが思ったより大変で…俺なんかも苦労してます」
ライター「女性になりきってやりきるのも、色々と大変なんですね…」
女性の人格のどうやって作るかの話で盛り上がる彼ら。
その中で、ある言葉をきっかけとして、アーティストを名乗るCさんに関心が集まったのです。
D(ナイトワーカー)「ブランド物のバッグとか、ちょうだいって言ったら簡単じゃないですか?わたしってば他の人にも同じプレゼントを頼んで自分のと残りは売り払う」
筆者「えっ?贈り物質に出すんですか?」
D(キャバクラで稼ぐ)「てゆうか、誰も取っておきませんよね?単にコレクションしても宝の持ち腐れだし、流行遅れにならないうちに必要な人が持った方がバッグは使うものなので」
E(十代、学生)言いづらいんですが、わたしなんですが、トレードしますね」
C(銀座のサロン受付担当者)「スタービーチアプリを使ってそんな使い方知りませんでした…私は一回もプレゼントなんてもらいませんでした」
筆者「Cさんの話に移りましょうか。スタービーチアプリではどんな人とおしゃべりしたんですか?
C「高いものを送ってくれるようなことすらないです。どの相手もパッと見ちょっとないなって感じで現代 スタービーチアプリ女の人と寝たいだけでした。わたしはですね、スタービーチアプリのプロフを見ながら恋活のつもりで利用していたのに体だけ求められても困りますね」
筆者「スタービーチアプリを使って、どんな出会いを出会いたいんですか?
C「目標を言えば、承知で言うと医師の方とか弁護士の方とか国立大学にいるような優秀な男性がいいです。
E(現役国立大学生)わたしはというと、国立大に在籍中ですが、スタービーチアプリだって、同じレベルの人間はそれなりにいます。とはいえ、恋愛をする感じではない。」
取材から分かったのは、オタクについてイヤな感情を持つ女性はなんとなく優勢のようです。
オタク文化が大分浸透してきたと言われている日本でも、今でも身近な存在としての市民権を得る段階には薄いようです。

関連記事