函館出会い系の実情5人目であるEさん

質問者「もしかすると、芸能人の世界で下積み時代を送っている人ってサクラで生計を立てている人が多いんでしょうか?」
E(某芸人)「そうだとよく耳にします。サクラの役って、シフト結構融通が利くし、私たちのような、急にショーの予定が入ったりするような生活の人種には最高なんですよ。イレギュラーな空き時間にできるし興味深い経験の一つになるし…」
C(現役アーティスト)「得難い経験になるよね、女としてやり取りをするのは全く易しいことじゃないけど自分は男目線だから、自分の立場からかけられたい言葉を相手に言えばいい訳だし、男の心理をわかっているから、男も簡単にのせられてしまうんですよね」
A(メンキャバ勤務の男性)「想像以上に、女でサクラの人は男性の心理がわかってないから本当は下手っすよね」
筆者「女性のサクラ以上に、男がサクラをやる方が優れた結果を残しているのですか?」
D(芸能事務所所属の一人)「そうかもしれないですね。成績が上なのは大体男性です。ところがどっこい、僕なんかは女の役を演じるのが苦手なんで、いっつも激怒されてます…」
E(芸人事務所の一員)「本質的に、ほら吹きが成功するワールドですからね…。女性になりきるのが思いのほか大変で…僕たちも苦労してます」
ライター「女の子のキャラクターを作り続けるのも、想像以上に大変なんですね…」
女性キャラの作り方に関してのトークで盛り上がる一同。
会話の途中で、ある言葉をきっかけに、自らアーティストであるというCさんに視線が集まったのです。
筆者「最初に、みんながコミュニティサイトを使って女性と会うようになったいきさつを順番に言ってください」
招待したのは、高校をやめてからというもの、五年の間、ほぼ自宅から出ていないA、「せどり」で暮らそうと頑張っているB、小さいながらも芸能プロのレッスンを受講して女性 コミュニティサイトアクション俳優を志望しているC、コミュニティサイトなら任せてくれと語る、パートのD、五人目の、新宿二丁目で働くニューハーフのE。
どの参加者も二十代はじめです。
A(自称自宅警備員)「俺は引きこもったまんまなんですが、ネットを浮遊しててすごくルックスのいい子がいて、女の子の方から連絡をくれたんですよ。それから、このサイトのアカウントとったら、携帯のメール送っていいって言われてアカ取得したんです。それ以降はメールの返信がなかったんです。言うても、見た目が悪くない女性は出会えたので」
B(せどりに)「始めはやっぱり、自分も直メしたくて。モデル並みにきれいで夢中になりましたね。親しくなりたいと思って、アカウントゲットしました。そのサイトもサクラが多いってひょうばんだったんですが、会えたこともあったので、相変わらず利用しています。
C(アクション俳優を目指す)「私はというと、演技の幅を広げようと思ってIDを登録して。コミュニティサイトを深みにはまっていく役をもらったんですが、私も実際に使ってみました。
D(アルバイト)「僕なんですが、先に利用していた友人に勧められて手を出していきました」
最後に、5人目であるEさん。
この人は、ニューハーフなので、端的に言って特殊でしたね。

関連記事