ポイントなし完全無料出会いサイト医師免許のある人とか法律関係の方とか国立大在学中の将来も安泰な相手を見つけたいです

ライター「もしかして、芸能界を目指すにあたって下積み時代を送っている人ってサクラでの収入に頼っている人が多数いるのでしょうか?」
E(某芸能人)「そうだとよく耳にします。サクラの役って、シフト思い通りになるし、俺みたいな、急にライブのが入ったりするような仕事の人には適職と言えるんですよ。予測できない空き時間にできるし、経験の一つになるし…」
C(某有名アーティスト)「なかなかできない経験になるよね、女性としてやりとりをするのは難しいけど自分は男目線だから、自分が言われてうれしい言葉を相手に送ればいい訳だし、男性心理はお見通しだから、相手も容易にだまされますよね」
A(メンキャバ勤め)「予想に反して、女の子でサクラをやっている人は男性客の心理がわかってないからぶっちゃけ下手くそっすよね」
筆者「女のサクラより、男性のサクラの方がもっと優れた結果を残しているのですか?」
D(芸能に事務所所属の一人)「まぁ、そうです。優れた成績を残しているのは大体男性です。だけど、僕は女のキャラクターを演じるのが苦手なんで、いつも目くじらを立てられてます…」
E(とある芸人)「根本的には、正直者が馬鹿をみる世の中ですね…。女になりきるのが大変で…僕たちも苦労してます」
筆者「女性の人格を成りきり続けるのも出会アプリ カカオかなり苦労するんですね…」
女性キャラクター役のどうやってだましとおすかの話が止まらない一同。
その途中で、ある言葉をきっかけに、自称アーティストだというCさんに関心が集まりました。
D(キャバクラ在籍)「ブランド物のバッグとか、頼んだらちょろくないですか?わたしは、複数の客に同じやつ贈ってもらって1個だけもらっていて全部売却」
筆者「えっ?プレゼントなのに現金に換えるんですか?」
D(ホステス)「それでも皆もお金に換えません?紙袋に入れておいても宝の持ち腐れだし、シーズンごとに変わるので物を入れるためのバッグの意味があるんじゃん」
E(国立大に通う十代)ショックかもしれないですが、Dさん同様、私もプレゼントをお金に換える派です」
C(銀座のサロンで受付を担当している)出会いアプリを活用して何十人も稼げるんだ…私はまだまだお金に換えたりとかはないです」
筆者「Cさんの使い方は違うみたいですね。出会いアプリのなかにはどんな人とおしゃべりしたんですか?
C「「贈り物なんて誰もからももらってないです。共通してるのは、パッとしない雰囲気で、フィーリングとか気にしない人たちでした。わたしの場合、出会い系を利用して恋人が欲しくて利用していたのに急に下品な話を出されてげんなりしました。
筆者「出会いアプリではどんな異性と探しているんですか?
C「何言ってるんだって言われても、医師免許のある人とか法律関係の方とか国立大在学中の将来も安泰な相手を見つけたいです。
E(国立に籍を置く)わたしはというと、国立大に在籍中ですが、出会いアプリの中にも出世しそうなタイプはいる。とはいっても、偏りが激しい人間ばっかり。」
調査の結果として、オタクへのネガティブな印象のある女性はなんとなく人数が多いみたいです。
アニメやマンガにも広まっているように思われる日本ですが、まだオタクを恋愛対象として感覚は薄いようです。

関連記事